ブログ Blog

5分間瞑想のすすめ

2016年12月3日  投稿者:Simonton Japan

15181397_1017931915019418_6422593476444683354_n
 
皆さんこんにちは。
サイモントン療法認定カウンセラーの 中原 和之です。
 
秋も深まってきましたね。
夜から明け方にかけては
めっきり冷え込んできました。
 
体調を崩しやすい季節です。
メルマガ読者の皆様も
風邪などひかれないよう用心下さい。
 
さて、私は先日
岐阜県飛騨高山の千光寺にて
瞑想療法の研修を受けてきました。
 
自然に囲まれた環境で、
ゆったりと瞑想に浸る時間は
至福のひと時でした。
 
天候にも恵まれ、
美しい紅葉を楽しむことができました。
 
明け方には見事な雲海が出現し、
私たちを祝福しているかのようでした。
 
自然の中で
ゆったりと呼吸することの豊かさを
改めて感じました。
 
サイモントン療法には
様々な手法がありますが、
その中でも瞑想(メディテーション)は
一つの中核的な方法として
取り入れられています。
 
今回はその瞑想についての
理解を深めるために受けた研修でした。
 
サイモントン療法の
ベーシックプログラムでは、
6日間俗世を離れて
ゆったりした時間を過ごすことができます。
 
『がんと癒しのメディテーション』
を始めとする様々な瞑想も体験し、
気づきや意識の変容がもたらされます。
 
カール・サイモントン博士も
このベーシックプログラムが
最も効果的なプログラムだと
おっしゃっていたそうです。
 
瞑想と言うと、宗教がかった
あやしい印象をもたれる方も
いらっしゃるかもしれませんが、
瞑想は近年医療現場でも
多く活用されています。
 
ジョン・カバットジン博士が開発した
「マインドフルネスストレス軽減法」
を始めとする瞑想を活用した
プログラムの有用性が
近年多数報告されています。 
 
欧米ではすでに主だった総合病院には
マインドフルネスセンターがあり、
患者やスタッフに
マインドフルネス瞑想が
提供されているようです。
 
「マインドフルネス」という言葉も
一般に徐々に広がってきており、
大企業でも研修やメンタルヘルスに
取り入れられてきています。
 
40年前からあるサイモントン療法に
ようやく時代が追いついてきた、
と言えるかもしれません。
 
瞑想にはリラックス効果、
集中力、洞察力を高める、
ストレス予防や健康回復、
人への親近感、信頼感が増すなど
多くの効果があります。
 
瞑想には多くの方法がありますが、
最も一般的なものは、
呼吸に意識を向ける方法です。
 
座った状態で行う5分間瞑想を紹介しましょう。
 
朝起きた時や就寝前、仕事の合間など、
生活にうまく取り入れてみてください。
 
【座った状態で行う5分間瞑想】
 
1.椅子や座布団などに楽な姿勢で座り、目は軽く閉じます。
 
2.自分にとって気分が楽になる風景をイメージします。
 
3.口から大きく息を吐き、鼻から無理なくゆっくりと吸い込みます。
 この意識的な呼吸を7回以上、心が落ち着くまで繰り返します。
 
4.心の落ち着きを感じたら自然な呼吸に戻します。
 
5.数分間呼吸を意識する瞑想を行います。
 息を吸う時に「吸っている」、吐く時に「吐いている」と意識します。
 
6.呼吸に意識を向けていると、心身がゆるんできます。
 
7.深呼吸や背伸び、手足を回すなどをして、意識を戻し、瞑想を終えます。
 
そろそろ受験のシーズンも
近づいてきましたね。
 
受験生のみなさんも、
 
勉強の合間にこのような呼吸法や
瞑想を取り入れることで、
集中して勉強できますし、
本番も落ち着いて臨めますよ。
 
ぜひ活用してみてくださいね。
 
─────────────────★
◆執筆者プロフィール◆
中原 和之(なかはら かずゆき)
サイモントン療法認定カウンセラー
医師(消化器内科)
好きなもの:おいしいコーヒーを飲む
      ペット(犬)とのふれあい
      家族で出かけること
好きな言葉:「やさしさ」
      「リラックス」
      「大丈夫」、
      「全てはうまくいっている」
★─────────────────
 
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
当メルマガは、毎週(月)(水)(金)に配信しております。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに295号配信させていただいたバックナンバーもご覧いただけます。

特 集

イベント情報

お知らせ