当サイトはサイモントン療法認定セラピストによる『サイモントン療法+α』の情報発信サイトです

ブログ Blog

発散

2017年11月25日  投稿者:Simonton Japan


おはようございます。
認定スーパバイザーの式部桂子です。
 
早いもので今年も11月となりました。
私がサイモントン療法に関わるようになって、
8年が経過しました。 
まだ・・8年? もう8年?
時間は、苦しくても、楽しくても、
必ず流れていくものなのですね。
 
カウンセリングを受けた方から、
「お金を払って話してどうなる?」
「結局は、自分なのだから・・」
「わかって貰えるはずがない・・・」
カウンセリングが終わりそうな頃に、
受ける前はこんな風に思ってました、と
良く聞く言葉です。
 
カウンセリングを受けることに、
抵抗を感じている人は多く、
関心持っている人が、
まだまだ少ないのだなぁ、
といいつつ、
自分も昔はそうでした(笑)
 
私は、看護師時代にいろいろな経験をしました。
人の命に関わる仕事なので、
失敗が患者さんにとって、
大きな影響を与えてしまうこともあります。
 
実際に起こした時、
危うく起こしそうになった時、
そういう事を見てしまった時、
また、救急にいたので、
患者さんだけでなく、
家族との関わりの中や、
事故の惨状に対して、
精神的に影響を受けるような事が、
度々ありました。
 
眠れなかったり、イライラしたり、
胃痛がしたり、めまいがしたり、動悸がしたり・・・
症状は人によってちがうでしょうけれど、
私の体にもいろいろなことが起こりました。
 
私の胸の内は、
悶々としたものや、疲弊した思い、
時には、吐きたくなるようなドロドロしたものとか、
いろいろな思いが渦巻いていましたが、
同じ仕事の人にしかわからない、
話したところで何もかわらない、諸々、
そう思って、見ない、感じないふりを、
していたようにも思います。
 
けれど・・仕事が終わりに飲みにいって、
同僚に話しをしている。
 
話すことで、
軽くなる? 同意を求める? 
リセットする? 人のせいにできる?
何か、あったのでしょうね、自分の中で。
 
確かに、ただ話したいこともありますが、
ほとんどが、実はこれ、話しているのではなく、
不満やイライラや落ち込みを言葉にして、
おさめているのです。
みんながいうところの「発散している」状態。
 
けれど、この発散は、
表面をぬぐっただけなんですよね。
根底にあるものは残ったままです。
 
発散すると気がはれたように感じるので、
また・・日常に戻るのです。
そして、また・・の繰り返し。
 
あるとき、ふと思ったりしませんか?
誰かに聞いて欲しいなぁ~と。
けれど、いやいや・・・
「もっと苦しくなってから」
「どうにもこうにもならなくなってから」
「まだ自分で踏ん張れるから」
「この間のことより、まだましだから」
と言い聞かせてしまう。
 
でも、想像してみてくださいませんか?
これらが、ガチガチに固まって
積み重なってしまった状態を。
 
溶かすにも、紐解いていくにも、緩めるにも、
大きなエネルギーと、長い時間がかかります。
その間に、しんどさや辛さは、
ドンドン増していくのです。
 
同僚や友達に話しをすることは、
とても大切なことで、
そういう方達が周りにいることは
とてもありがたいことです。
 
けれど、人は、
気が落ちている状態で話しをすると、
相手にもその気持ちが伝わり、
相手の気も落ちてしまいます。
 
または、相手の関わり方によっては、
相手なりの良かれなのですが、
自分の気がさらに落ちてしまうことになりかねないのです。
 
たぶん、皆さんも経験があるのではないでしょうか?
飲み会 が 愚痴会 となって、
ともすると、喧嘩になって、
終わってからも、なんだか気分が重い・・・
 
カウンセリングを受けるということは、
周りの人を巻き込まず、
自分の気を安定させることだと思います。
発散するだけでなく、
底に沈んでいるものまでもケアをする。
 
花や葉っぱは、
お互いが良い状態(状況)を保てるように、
育っているそうです。
気分が良い周りの人に囲まれて、
日々を過ごすことが自分の気を上げる。
自分の気を上げておくことが、
周りの人にも良い影響を与える。
 
友達や同僚とは、
お互いが支え合って、
刺激をしあって、
良い方向へ進んでいける繋がりで、
存在しあえると嬉しいですよね。
 
カウンセリングにあたって、
サイモントン療法では、
基本理念やカウンセリングの10ヶ条もあげています。
 
このようにしなさいとか、それはダメだとか、
そういう指示的なことはないと思っています。
どうしていきたいか? どうなりたいか? 
 
カウンセリングを受ける相手には、
合う・合わないセラピストもいると思います。
それもまた、必然で、
意味あることなのだと思います。
そこから、受け取っていただける事があると思います。
 
ちょっと・・・迷われた時には、話してみませんか?
愚痴ではなく、よりよい気分になるために。
 
以前に私のカウンセリングを受けられていた方が、
2017年9月に行われた無料講演会に参加されて、
送ってくださったメッセージを掲載させて貰います。
(ご本人の許可をいただいております。)
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
今日は講習会(無料講演会)、
ありがとうございました。
行って良かったです。
 
最後のカウンセリングから大分歳月が流れ、
日々サイモントン療法を意識することが、
少し薄くなってきておりました。
 
無料講演会で、
トレーナーのお話を聞くことにより、
あるべき自分の姿に
スッと嵌って心が穏やかになりました。
 
今日のお話の中には、
今までの経験を超えるアプローチから、
いろんな事象を、考えることができ、
そこだけでも私の知識の幅が
増幅したような気がします。
 
サイモントン療法に関する
何かに接すると心が落ち着き、
気持ちのブレがなくなるかんじです。
今後もこのような講習会には
定期的に参加したいと思います。
導いていただき、感謝いたします。   
取り急ぎお礼まで。
 
PS.午後から墓参りに実家へ行ってきました。
実兄約2名(笑)と歓談し、
心はふわふわとってもやさしい良い気分です。
今日は大変良い一日でした。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
───────────★
◆執筆者プロフィール◆
式部 桂子(しきぶ けいこ)
〇サイモントン認定スーパバイザー
〇看護師 
〇認定心理士
○セミナー講師
好きなこと  DVD鑑賞(洋画) 
       パズル
好きな言葉  自分であってよい
───────────★
 
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに配信いたしましたバックナンバーもご覧いただけます。
よろしければ、下記の協会ホームページよりご登録くださいませ。

ホーム

特 集

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 ベーシックプ...

    ベーシックプログラムはサイモントン博士が最も効果的と考案した基本プログラムで、
    サイモントン療法の...

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 インターンプ...

    サイモントン療法を深く学びたい方やセラピストを目指す方向けのプログラムで、
    月に一度の週末(土日)...

  • 2017.11.14

    患者会

    患者会は、がん患者さんと、そのご家族など、患者さんをサポートする立場の方々のための交流の場です。同じ...

イベント情報

  • 玉田まゆ子

    2017.12.5

    12月18~20日三重県桑名市...

    こんばんは、心理療法家の玉田まゆ子です。
    みなさんは、ヤフオクなど利用されていますか?
    私は最近欲し...

  • 井上寛照

    2017.11.25

    マインドフルネス瞑想実践会

    マインドフルネス瞑想は
    釈尊より伝わる仏教瞑想です。
     
    感情を安定させて、心身の調和を
    ...

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 ベーシックプ...

    ベーシックプログラムはサイモントン博士が最も効果的と考案した基本プログラムで、
    サイモントン療法の...

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 インターンプ...

    サイモントン療法を深く学びたい方やセラピストを目指す方向けのプログラムで、
    月に一度の週末(土日)...

  • 2017.11.14

    患者会

    患者会は、がん患者さんと、そのご家族など、患者さんをサポートする立場の方々のための交流の場です。同じ...

お知らせ