ブログ Blog

梅の香

2017年2月21日  投稿者:Simonton Japan


 
みなさま
 
おはようございます。
サイモントン療法認定トレーナーの田村祐樹です。
 
2月も後半となりましたが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
滋賀は、湖北、湖東では雪多い年となっています。
湖南から見える近くの山々も、頂きが白いままですね。
 
さて、先日、
熊本の知人に会いに九州へ行ってまいりました。
何気ないおしゃべりをして、美味しいご飯を一緒に食べて、
そして、温泉へ(^^)
 
今回は、毎日、温泉に浸かることができました。
各所、とても心地よい湯で、私のこころもからだもほぐれて、
ほっこり、ほっこり・・・
 
「あ~、温泉って、いいな~」と何回も言っていましたね。
 
その中でも、三回目となる、とある温泉は、格別でした。
「あつめ」「ぬるめ」
と書かれた内風呂があり、
私にとって、ちょうど良い加減で、
熱くて、そして、ぬるいのです。
 
何時間でも入っていることができるような温泉です(^^)
 
滞在は、知人のゲストハウス的な、いつも泊めていただいているお家。
勝手知りたる、なんとやら・・・
「帰ってきたな~」と感じるところ。
 
夕食後も、みんなであれやこれやと
おしゃべりが続き・・毎夜、とてもいい時間。
 
お宅に着いたときは気づかなかったのですが、
お庭の梅の木に小さな花が咲いていました。
かわいらしいピンク色。
 
大きな木なので、背丈が届かず、
梅の香りを嗅ぐことはできなかったのですが、
イメージの中で、梅の香を楽しんでいました。
 
次の日、また少し、花が咲いていました。
気のせいか、ほんのりと梅の香が庭先に漂ってるよう・・
 
2月の、まだまだ寒いこの時期、
梅の花を眺めると、なんだかほっとします。
ふと、力が湧いてきます。
 
不思議な力があるよう・・
 
さて、帰る日は、
「またね~」と、いつものように言葉を交わし、
そしてハグ・・それだけで、通じ合える。
 
滋賀に帰宅した翌日、
朝早く、陽射しに釣られて、庭に出てみると、
薄氷と残雪・・
 
「今年は寒いね~」
と感じながら、ふと庭木に目をやると、
梅の花・・
 
我が家の梅の木も、花が開いていました。
 
白梅が一輪
 
見た瞬間に、こころがほっこり温まりました(^^)
 
我が家の梅は、低木なので、花を香ることができます。
一輪ながら、しっかりと梅の香を放っていましたね。
 
日に日に、つぼみも膨らみ、花も、一輪一輪、増えてきました。
 
この梅の木は、小さいながらも梅の実が結構なるのです。
昨年は20数個できたので、自家製の梅干しに。
 
今年は、どれくらい実がなるのかな~、と
梅の香を感じながら、皮算用・・
 
今年も、いい塩梅になりますように(^0^)
 
余談ですが、先日、熊本の知人宅で
玄米スープをお作りしました。
腕はへなちょこですが、こころを込めて、大切な方へ。
 
その材料でもある梅干し(私が一昨年漬けた)を持参して行ったのですが、
私が大好きなシェフがこう言ってくれたのです。
 
「くまさん、この梅干し、 見ただけでわかりますよ。 これはいい!」と。
 
いや~、嬉しかったですね~ 
大きな癒しをいただきました。
 
梅の木、
梅の花、
梅の香、
梅の実、
のおかげです、
ありがたい、ありがたい(^^)
 

───────────────★
◆執筆者プロフィール◆
田村祐樹(たむらひろき)
ニックネーム:くまさん
緩和ケア医、医学博士
サイモントン療法認定トレーナー
NPO法人サイモントン療法協会副理事長

☆好きなもの・こと
 料理をつくる
 特にスープやオーブン料理
 ガーデニング、旅行、温泉
☆好きな言葉
「だいじょうぶ」
「ありがたいな~」
「ほっこり」 
★───────────────
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに配信いたしましたバックナンバーもご覧いただけます。
よろしければ、下記の協会ホームページよりご登録くださいませ。

ホーム

特 集

イベント情報

お知らせ