ブログ Blog

新認定者の方たちからのメッセージ

2017年12月15日  投稿者:Simonton Japan


 
おはようございます。
去る11月20~25日に開催されました伊豆ベーシックプログラムで実施されました認定審査におきましては、兵庫県の 井上 寛照 (Kansho Inoue) さんが認定スーパバイザーに、京都府の 小杉 智子 (Tomoko Kosugi) さんが認定カウンセラーに見事合格されました。
 
井上さん、小杉さん、おめでとうございます。
 
本日は、お二人からのメッセージをお届けいたします。
 
★☆─────────
 
新認定スーパバイザー
井上寛照さんより
 
─────────☆★
 
私が初めて伊豆ベーシックプログラムに参加したのは2010年11月です。
 
これまでに参加した回数は8年間で13回にもなります。
 
私にとって、伊豆は何より自分自身の癒しの場です。
 
年に1~2回、職場を離れて、信頼できる仲間たちとともに、心と身体のメンテナンスに取り組みます。
 
温泉に入ってぼ~っとしたり、美味しい食事を味わいながら、仲間たちとゆっくり語らいます。
 
患者さん、サポーター、インターン、セラピストと立場の違いはありますが、みなより良い生き方を学ぶ仲間です。
 
毎回、参加者が違っていて、また自分の環境が変わっているので、何度参加しても新鮮な気づきがあります。
 
今回は参加者が少なめで、参加者とセラピストの距離が近く、いつも以上に濃密な時間を過ごすことができました。
 
そして、認定スーパバイザーという一つ上の認定資格までいただきました。
 
このような有意義な学びの場を提供してくださった参加者やセラピストの皆様、そして故カール・サイモントン博士に感謝いたします。
 
☆★─────────
 
新認定カウンセラー
小杉智子さんより
 
─────────★☆
 
皆さま こんにちは。
 
この度、認定カウンセラーとなりました小杉智子です。
 
私が、サイモントン療法と出会ったのは2007年の2月でした。
 
サイモントン療法とは何なのか、全く知らなかったのですが、「あっこれだ」と直感が働きセミナーに参加したことから私の健康への取り組みが始まりました。
 
様々なトピックスに取り組むに連れて、この療法は本当に奥深いもので、私の人生に良く機能していると体感しております。
 
この10年はあっという間で充実した時間となっています。
 
しんどい取り組みもありましたが、「自分に良いものに目を向ける」そして前に進む。
多くの気付きや学びの過程が喜びの蕾を開花させ、私が私らしく健全に前に進める現在の私があります。
 
今まで、サイモントンスタッフの方々と共に学ぶ仲間たちの支えには、本当に心を込めて感謝を申し上げます。
 
これから、サイモントンのスタッフの一員としてカール・サイモントン博士が創った素晴しいこの療法を提供していきたいと思います。
 
人々の治癒力の向上、QOL/QODの向上、治療の過程に良い変化を起こす事に向けてのお手伝いをさせて頂きたいと思います。
 
今後も私の学びや取り組みは続いていき、仲間や出会った方達からの支えに感謝を胸に抱き前進していきたいと思います。
 
今後とも宜しくお願い致します。
 
───────────★
 
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに配信いたしましたバックナンバーもご覧いただけます。
よろしければ、下記の協会ホームページよりご登録くださいませ。

ホーム

特 集

イベント情報

お知らせ