当サイトはサイモントン療法認定セラピストによる『サイモントン療法+α』の情報発信サイトです

ブログ Blog

仲間と行動

2017年10月25日  投稿者:Simonton Japan


こんにちは。認定トレーナーの 佐々木 弘 (Hiroshi Sasaki)です。
  
一昨日の日曜日、
伊豆半島は伊豆修禅寺奥の院で
マインドフルネス1Dayリトリート
が開催されました。
  
季節外れの大型台風が接近する中、
「天候によっては中止します」と
主催者から連絡がありましたが、
幸い風雨のピークが到達するのは
日曜日の深夜との予報。
  
時折強い雨が降って来ましたが、
共に演者を務めた
吉野真常御住職曰く「雨も説法」。
雨音に耳を傾けることでも
今に気づくことができるんですね。
20名ほどの素敵な方々と
マインドフルな時間を
楽しむことができました。
  
御住職の法話と坐禅から始まり、
佐々木が担当する
坐る瞑想、食べる瞑想、歩く瞑想、
トータル・リラクゼーション、
ダルマ・シェアリングと進んだ
マインドフルな一日。
何度か参加されている方が
こんな感想を語ってくれました。
  
「はじめのうちは、ただここに
 来るのが楽しみでした。
 でも、瞑想を実践していくと
 だんだんと自分の中にある
 誰にも見せずに隠していた苦しみが
 浮かび上がって来るような感覚に
 なることがあったんです。
 気分のいい時間を過ごしたいのに
 なんで嫌な気分になるのかなと。
  
 でも、今日瞑想をしていて、
 なんとなくわかった気がするんです。
 みんなで瞑想をしていると
 一人で瞑想しているのと違って、
 なんでも許してもらえるような、
 自分をオープンにしても
 大丈夫なんじゃないかなって
 思えるようになるんです。
  
 ずっと蓋をして感じないように
 閉じ込めていた自分の心が
 癒やされるためにゆっくりと
 顔を出してきたのかなって。
  
 同じことを大切にしている
 人たちだからこそ
 言えることもあるし、
 みんなしっかりと
 受け止めてくれるから。」
  
安全で安心できる、守られた空間。
カール・サイモントン先生も
大切にしていました。
心をオープンにするには
安全な場と、場を構成する
仲間の存在がとても大切です。
怒り・恐怖・絶望の場では、
心をオープンにできないでしょう。
  
仲間を認めることが自分自身を
認めることに直接的に影響します。
仲間の喜びと苦しみを認めることで、
自分の喜びと苦しみを受け入れ、
その先の一歩を味わうことができます。
  
変わることへの動機づけは、
それを求める仲間との集合的な
平和と慈悲のエメルギーが
大きな助けとなります。
  
喜びや幸せに意味があるように、
苦しみにも意味があります。
自分の人生を味わうために、
仲間との時間が必要なのです。
  
マインドフルネスを提唱している
ティク・ナット・ハン師は、
「集合的なマインドフルネス・
 平和・慈悲には治癒力がある」
といいます。
  
自分が大切に思うことを
同じように大切に思っている
仲間との有意義な関わりが
私たちの人生に大きな影響を
与えてくれるのです。
  
しかし、そのような場に
身を置くまでには、
ちょっとした勇気が必要ですよね。
  
どんな人がいるのかな?
どんなことをするのかな?
やばいとこだったらどうしよう?
  
しっかりと見定めましょう。
そして、「関わってもいいかな」と
思える場が見つかったなら、
あとは一歩の勇気が必要です。
  
ティク・ナット・ハン師は言います。
(ライターとロウソクを手にして)
「炎のための条件がそろうと
 ライターに火がつきます。
 最後の条件は私の指の動きです。
  
 ロウソクの一つの火から、
 他の火を生むこともできます。
  
 火に尋ねます。
 どこから来たのですか?
  
 火は答えます。
 どこから来たわけでもありません。
  
 ただ条件が整ったから
 生まれたのです。」
  
すべての条件が整っていても、
最後には自分の行動がなければ
どのようなことも生まれません。
健康も、幸福も、気づきも
同じなのではないでしょうか?
  
引っ込み思案だった私は
以前カールからこう言われました。
「もっと自分を表現しなさい。
 あなたが自分を表現することが
 周りを幸せにするのだから」
引っ込み思案は相変わらずですが、
自分を表現することには
結構な勇気を持って
取り組んでいるつもりです。^_^
  
11月20日からから6日間、
サイモントン療法
ベーシックプログラムが
伊豆で開催されます。
癒しの場は整っています。
あとは、あなたの行動が
これからの人生に大きな違いを
つくることになります。
  
サイモントン先生が作り上げ、
私たちが自信をもって提供する
ベーシックプログラムに
ぜひご参加ください。
晩秋の伊豆でお会い出来ることを
楽しみにしています。
  
───────────★
◆執筆者プロフィール◆
佐々木 弘(ささきひろし)
サイモントン療法認定トレーナー
NPO法人サイモントン療法協会理事長
のぞみ鍼灸こころセラピー代表

トップページ


趣味はダイビング。
夢は世界中の海を潜ること。
毎朝のエネルギー補給は、
自宅で雄大な富士山を眺めながら、
しばし呼吸を楽しむこと。
───────────★
  
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに配信いたしましたバックナンバーもご覧いただけます。
よろしければ、下記の協会ホームページよりご登録くださいませ。

ホーム

特 集

  • 2018.6.11

    サイモントン療法 ベーシックプ...

    ベーシックプログラムはサイモントン博士が最も効果的と考案した基本プログラムで、
    サイモントン療法の...

  • 2018.4.25

    サイモントン療法 インターンプ...

    サイモントン療法を深く学びたい方やセラピストを目指す方向けのプログラムで、
    月に一度の週末(土日)...

  • 2018.4.22

    患者会

    患者会は、がん患者さんと、そのご家族など、患者さんをサポートする立場の方々のための交流の場です。同じ...

イベント情報

お知らせ