当サイトはサイモントン療法認定セラピストによる『サイモントン療法+α』の情報発信サイトです

ブログ Blog

へろへろとワンタンすするクリスマス

2016年12月24日  投稿者:Simonton Japan

15672681_1035466503265959_3197226642695795937_n
 
おはようございます。
認定スーパバイザーの大野真実です。
 
世間はクリスマスでにぎわっていますね。
そのなかで、ひとりワンタンをすすっている作者。
不思議とみじめさはなく、軽みのある句です。
表題は、昭和の俳人、秋元不死男の代表作の一つです。
 
元々クリスマスは、キリスト様の生誕祭を北欧の信仰での冬至祭と合致させたものだったといいます。
冬至は太陽が一度死んで再生する日であり、その再生を祝う日なのだそうです。
 
さて、ある患者さん。
「抗がん剤がもう効かなくなってきたので、治療はもうやめて、
緩和ケアを勧めると、先生に言われました」
と来られました。
 
今まで一所懸命に治療にとり組んできたのに、万策尽きた。いよいよダメか。
そういう気持ちでおられます。
 
患者さんのなかには、抗がん剤にしろ、放射線治療にしろ、
何かしらの治療をやり続けていないと病気が進行する、
と思っている方が少なからずいらっしゃいます。
 
緩和ケア=もう見放された、と。
 
そういう方には、以下のお話などをさせていただくことがあります。
 
少し古い研究報告ですが、2010年にニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンという、
医学研究誌としては世界トップレベルの雑誌に、このような報告が掲載されました。
 
「肺非小細胞がんの患者に対する早期緩和ケア」
 
ハーバード大学の研究報告で、ランダム化比較試験という、
科学的根拠であるエビデンスレベルの最も高い、つまり信ぴょう性の高いものです。
 
研究対象は初診時に、すでに転移がある肺がん(肺小細胞がんを除く)と診断された患者さん151名です。
転移がありますから、日本ではステージ4とされる方々です。
 
この患者さんたちをランダムに2つのグループに分け、
1つのグループには抗がん剤など一般的な治療のみを、
もう1つのグループには一般的な治療とともに、診断された直後から早期緩和ケアを受けてもらいます。
 
この早期緩和ケアとは、早い段階で、心理、社会、身体、精神的な状態に対し、
各部門の専門家である医師、看護師、心理士、ソーシャルワーカー、
さらには聖職者などが患者さんに向き合い、さまざまなケアをおこなうものです。
 
つまり、心の苦しみやつらさを取り除き、痛みなどの症状を軽くし、
死の恐怖をやわらげ、やりたいことができるように、
普通に生活が送れるように支援することと考えてよいと思われます。
 
結果として、早期緩和ケアを受けた患者さんのグループの方が、受けなかったグループに比べ、
QOL(日常生活の質)は向上し、うつの症状は少なく、
生存期間の中央値(平均値ではありません)は、一般的な治療のみのグループが8.9ヶ月であったのに対し、
緩和ケアを受けたグループは11.6ヶ月と、2.7ヶ月長かったのです。
 
たかが2.7ヵ月、と思われるかもしれませんが、
これは実は、最近話題になっている抗がん剤で、
効果が優れているが、大変高額の薬としても知られる、
ニボルマブ(商品名:オプジーボ)の進行肺非小細胞がんに対する生存期間改善の中央値データと、
ほぼ同じなのです。
 
ニボルマブは来年2月から薬価が半額まで下げられる予定ですが、
それでも年間1500万円から2000万円ほどの医療費がかかることで、
医療経済上でも大きな問題になっています。
 
さらに、この早期緩和ケアの研究報告では、
結果的に亡くなった方でも、
緩和ケアを受けたグループの方が、受けていなかったグループに比べ、
生存期間が長かったにもかかわらず、終末期に積極的治療を受けていた人が少なかったとしています。
 
つまり、病院や集中治療室で、
いつまでも治すための抗がん剤などの積極的治療を受けながら亡くなるのではなく、
苦痛を取りながら、静かに家で最期の時を過ごしたり、ホスピスで亡くなるなど、
自然に死を迎えた方が多かったということです。
 
また、最近の別の報告では、
早期緩和ケアによって、患者さんのみならず、
家族のうつ状態が減り、家族自身のQOLも向上させるという報告もあります。
 
早くから始める緩和ケアは、最新の抗がん剤と同じくらい効果がある。
おそらく副作用は、抗がん剤よりははるかに少ないであろう。
QOLを高めることに加えて、死の質も高める可能性がある。
自分も家族も楽になる。
しかもお金もそんなにはかからない。
 
あきらめる必要はありません。
冬至を過ぎて、新しい太陽も生まれるころ。
 
今年のクリスマスには、あなた自身に、
あなた自身のサンタから、希望をプレゼントしてあげて下さい。
─────────────────★
◆執筆者プロフィール◆
大野真実 (おおのまみ)
サイモントン療法認定スーパバイザー
内科医
宝くじが当たったら:古民家を買ってリフォームする
★─────────────────
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに配信いたしましたバックナンバーもご覧いただけます。
よろしければ、下記の協会ホームページよりご登録くださいませ。
http://simontonjapan.com/

特 集

  • 2018.9.1

    サイモントン療法 ベーシックプ...

    ベーシックプログラムはサイモントン博士が最も効果的と考案した基本プログラムで、
    サイモントン療法の...

  • 2018.9.1

    サイモントン療法 インターンプ...

    サイモントン療法を深く学びたい方やセラピストを目指す方向けのプログラムで、
    月に一度の週末(土日)...

  • 2018.9.1

    患者会

    患者会は、がん患者さんと、そのご家族など、患者さんをサポートする立場の方々のための交流の場です。同じ...

イベント情報

お知らせ