当サイトはサイモントン療法認定セラピストによる『サイモントン療法+α』の情報発信サイトです

ブログ Blog

がん患者Q&A

2017年7月4日  投稿者:Simonton Japan


こんにちは。
認定トレーナ━の川畑のぶこです。
本日はQ&Aをお届けいたします。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
★残席5席です!
がん患者さんの健全な心のケアを学ぶ
「ハートシェアリング講習会」のご案内
~ピアカウンセリング・サポートとコミュニケーション~
日時:7月15日(土)13:00-16:30
参加費:1500円
場所:聖路加国際病院2階トイスラーホール
詳細・お申込み:heartsharing.peatix.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
Q:
2ヵ月前に肺がんの4期と診断されました。
体調を崩してから、初めての診察で
末期の宣告を受け、ショックで立ち直れず、絶望感でいっぱいです。
私はまだ40代前半で、小学校低学年と幼稚園児の2人の子どもがいます。
まだまだ先の長いこの子たちに何もできないまま、
子どもを残して死んでいくのかと思うと苦しくて苦しくて、
眠れない夜が続きます。
夫は仕事は一生懸命してくれますが、家庭の方はさっぱりで、
基本的に家事はせず、自分の服がどこにあるかも全ては
把握していないような状態です。
このような状態で家族(特に子ども)に不憫な思いをさせてしまうことに
罪悪感もあります。
 
もっとよき母、よき妻として元気に長生きしたかったのに、
こんな歳でこんな病気になって自分だけ死んでゆくなんて、なんてみじめなことか。
家族のためにもしっかりしなければと思いますが、気力がわかず、うつ状態です。
 
A:
育ち盛りの子どもたちをサポートしなければいけない時期に、
大病を患うということはこの上ない辛い状況であることお察しします。
このような、急な悪い知らせを受けては絶望感に苛まれるのも
しかたのないことと思います。
今は気力が出なくても当然のことでしょう。
 
気力が出なくて落ち込んでいるときは、
無理になんとかこの状況を脱却しようと頑張らずに、
今は落ち込んで当然と素直に受け止めて、
しばらくいろいろなことを休止させる時期と言い聞かせてみてください。
 
病気は一旦これまでの忙しい日々の流れを止めて、休ませる役割もあります。
その病気のメッセージに従って、いろいろなものを手放して
ゆっくりする時期ということです。
家族も、今まで通りに家事や育児などのさまざまなサポートができなくて
不便は生じるかもしれませんが、それでも母や妻が辛い状況にいるときに、
今まで自分がしてきてもらった分、
愛する家族をケアするための機会が与えられているのかもしれません。
今は、自分がたくさんのケアを受けるときなのだととらえてみてください。
 
夫が自分の服のある場所もわからないというような状態が
発生しているということは、これまでご自身に多くの負担がかかってきている
という証拠でもあるのかも知れません。
大人が自分の服のありかがわからないというのは、過度に誰かに依存している状態で、
あまり健全な状態ではないかもしれません。
そうであれば、家族が自立して、自分のことは自分でできるようになる、
誰か1人に偏っていた負担が軽減されて、バランスが取れるようになる機会
ともいえます。
 
長い間ストレスが続くと、病気になるということが
科学的な研究でもわかっていますが、
がん患者さんには頑張りがきく人が多く、
そのストレスに気づいていないということも多いのです。
病気は一旦すべてを止めて、振り返ってみて、
日常生活の中でバランスが崩れていたり、
ストレスになっていたりすることがあれば、
それを改善しましょうと促しているわけです。
 
ですので、まずは病気になってしまって
母親失格とか妻失格などと、
自分自身を責めることをやめることです。
責めることによってより良い結果につながるのであれば
そうすればよいのですが、決してそうではないでしょうし、
ストレスが増強するだけです。
また、ストレスが増せば、さらに体調を悪くしてしまうことにもなりかねません。
母親や妻失格どころか、病気になるくらい、
これまで家事も育児もいろいろなことを頑張ってきたし、子どもにも夫にも尽くしてきた。
自分は誰よりもわが子や夫のことを思う、良い母であり、良い妻であると認めてあげて、
褒めてあげることです。
そして、しばらくご褒美でゆっくり休むという姿勢を育んでみてください。
 
病気に関しては、肺がんの4期と言われれば、
死の宣告と絶望する人が多いですが、決してそうとも限りません。
実際は、肺がんの4期という診断がくだってから
長期生存している人も世の中にはたくさんいるのです。
医師の告げる統計は、必ずしも自分個人に当てはまるものだとは限りません。
統計というのは、短く生きる人もいれば長く生きる人もいる中で、
その平均や中央値を出したものです。
決して、診断された全員がその平均や中央値になると言っているわけではありません。
 
さまざまな治療や療法も活用しながら、自分自身も変化を起こして
健康への道を歩むことはできるという姿勢を育んでみてください。
実際に「しばらくはゆっくり休む」というのも、
自分で起こす大きな変化であり、これは体調に大きく影響するのです。
 
ゆっくり休むためには、信頼感が必要です。
まず、自分なしでは家族の人生が
機能しなくなるという思いが
自分自身を苦しめているのであれば、
必ずしもそうとは限らず、
不便や困難は大いにあるかもしれないけれども、
なんとか彼らなりにこの状況を切り開いて
前進していけると信頼して委ねることです。
おそらく、これまでもさまざまな困難を
乗り越えてきていることと思います。
 
今回も大きな困難だけれども、
みんなで力を合わせて乗り越えることができると信じることです。
子どもが小さいことが気になられるようでしたら、
子どもには生まれながらにして
生命力が宿っていて、私が育児のすべてをしなくても
さまざまな助けを得ながら生きていけると信頼することです。
もちろん、自分がすべてをできたに越したことはないでしょうが、
そうでなくても、子どもは自ら育つ力を宿していることを信頼して、
今の状態で無理なくできることだけをして、あとは助けを求めることです。
 
助けを求めることは決して迷惑をかけることではなく、
人間が相互扶助の精神を発揮する機会です。
私たちは人助けをしてお手柄を立てたいわりには、
他者が自分を助けてお手柄を立てることには抵抗を示します。
困ったときはお互いさま。
弱ったときは助けてもらうのが仕事と割り切ってみることです。
 
今、自分に起こっていることには、身体的にも精神的にも社会的にも
バランスを取り戻すための意味があり、より良い変化の過程にいると信じてみてください。
心と身体の治癒力が高まってくるかもしれません。

─────────────────★

◆執筆者プロフィール◆

 川畑のぶこ(かわばたのぶこ)
(サイモントン療法
 認定トレーナー/トレーニングディレクター)

 家族と沖永良部島の海をこよなく愛す
 サイコセラピスト

 座右の銘:Breathe & Smile ♪

★─────────────────
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに配信いたしましたバックナンバーもご覧いただけます。
よろしければ、下記の協会ホームページよりご登録くださいませ。

ホーム

特 集

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 ベーシックプ...

    ベーシックプログラムはサイモントン博士が最も効果的と考案した基本プログラムで、
    サイモントン療法の...

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 インターンプ...

    サイモントン療法を深く学びたい方やセラピストを目指す方向けのプログラムで、
    月に一度の週末(土日)...

  • 2017.11.14

    患者会

    患者会は、がん患者さんと、そのご家族など、患者さんをサポートする立場の方々のための交流の場です。同じ...

イベント情報

  • 玉田まゆ子

    2017.12.5

    12月18~20日三重県桑名市...

    こんばんは、心理療法家の玉田まゆ子です。
    みなさんは、ヤフオクなど利用されていますか?
    私は最近欲し...

  • 井上寛照

    2017.11.25

    マインドフルネス瞑想実践会

    マインドフルネス瞑想は
    釈尊より伝わる仏教瞑想です。
     
    感情を安定させて、心身の調和を
    ...

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 ベーシックプ...

    ベーシックプログラムはサイモントン博士が最も効果的と考案した基本プログラムで、
    サイモントン療法の...

  • 2017.11.14

    サイモントン療法 インターンプ...

    サイモントン療法を深く学びたい方やセラピストを目指す方向けのプログラムで、
    月に一度の週末(土日)...

  • 2017.11.14

    患者会

    患者会は、がん患者さんと、そのご家族など、患者さんをサポートする立場の方々のための交流の場です。同じ...

お知らせ