ブログ Blog

がん患者になった日

2017年3月1日  投稿者:Simonton Japan


 
昨日まで元気に笑っていたのに、
何も昨日と変わっていないのに。
医者の口から突如告げられた
がんの宣告…
 
頭の中が真っ白になって、
それ以降、何を言われたかよく覚えていないし、
帰り道はどこをどう歩いたのかも覚えていない。
 
がんの告知後、
そんな感覚に襲われた人は少なくないのではないでしょうか。
これは患者さんだけでなく、ご家族も同様ではないかと思います。
 
昨日と同じ景色のはずなのに、すべてが突然色褪せて見える。
 
自分の人生がひっくり返るほど大きなことが起きているのに、
周囲はまるで何もなかったように動いている。
 
電車も車もいつも通りに走っているし、
信号もいつもどおりに変わる。
子どもは駈け回り、周囲は笑みを交わす。
世の中で自分だけ取り残され、地から足がふわふわと離れている
そんな感覚を体験されるのではないでしょうか。
 
人生とは無常で、
ある日突然このような虚無感や虚脱感、が訪れることがあります。
 
精神科医のキューブラロスは人生には
「小さな死」があると表現しましたが、
いのちに関わる病気の宣告も
このような「小さな死」の体験なのでしょう。
 
ただし、この死というものが、
全ての終わりかといえば、そうではなく、
同時に新たな始まりでもあります。
 
自然界は無常であり、時間とは薬でもあります。
私たちの苦しみも、時間と共に変化していくものです。
 
変化の速度や過程は様々ですが、
当初の虚無感や虚脱感から、ある程度の時間が経つと、
がんという病気が、人生の転機となって、
苦しみの中にも豊かさをもたらすことも
多くの患者さんやご家族から報告されています。
 
「あの時は、自分が未来にそんな風に
考えられるようになるとは、夢にも思っていなかった」
とおっしゃります。
 
“有益性発見=Benefit Finding”という概念があります。
 
サイモントン療法でいう
「病気の恩恵」の概念に当たりますが、
病気によって起こった変化は、
ある視点からみると、自身や周囲の人生にとって
好ましいこともあり、そのことに目を向ける姿勢です。
 
「夫(妻)は自分に関心が無いのだとばかり思っていたけれど、
とても心配してくれていて、愛を確認できた」
 
とか
 
「何度会社にリクエストしても通らなかった仕事の配属部署の変更が簡単に通った。」
 
とか
 
「罪悪感なく、のんびり、ゆったり、自分の時間を取れるようになった」
 
とか
 
「健康や命の神秘や尊さがわかった」
 
とか
 
「真に大切なものは何かがわかった」
 
などなど、患者さんやご家族から報告される恩恵のリストは、
苦しみのリストと同じか、それより多くなることも多いのです。
 
人生とは無常であり、ものごとは非二元的です。
 
平穏かと思えば、突然苦しみが訪れることがありますし、
苦しみがずっと続くと思っていたのに、
平穏がもたらされることもあります。
 
晴れたかと思えば降ることもあるように
大荒れかと思えば翌日はべた凪のこともあります。
 
陽の光に恵みをもらいますが、
陽ばかりでは乾いてしまい、
嵐によって混乱しますが、
それにより潤うことがあるように、
喜びが苦しみの原因にもなれば、
苦しみによって喜びを得ることもあるでしょう。
 
このように、
虚無感や虚脱感は、私たちの人生に、必要な、
バランスを取り戻すための、新たな風が吹き込むための、
段階と言えるでしょう。
 
過去の価値観が強制的に一掃され
自分たちにとって、必要で大切なものを発見し、受け入れる。
このような心のスペースを作るのも病気の大事な役割なのかもしれません。
 
人生につきものの、
このような困難な出来事をしなやかに対応するためにも、
これらの出来事が、
「大切なバランスを取り戻すための変化の機会」
という受け止め方を育み、
ぜひ自分自身に優しさを持って接してみてください。
 
いつの日か、
「あんなことがあったなぁ」と
優しく包み込んで振り返る日が訪れることをイメージしてみてください。
 
************************************

★ 無常の人生をしなやかに生きる智慧★
サイモントン博士に影響を与えたティク・ナット・ハン禅師とダライ・ラマ法王の教えに学ぶゴールデンウィーク

* ティク・ナット・ハン禅師の教えに学ぶマインドフルネス研修会~心身医療現場におけるマインドフルネス(4/29-30)早割3/15まで

詳細・お申込みはこちら >> mindfulness2017.peatix.com

* Dr. Barry Kerzin(医師・チベット仏僧・ダライ・ラマ法王主治医)
によるロジョントレーニング(心の訓練)(5/3-7)早割3/15まで

詳細・お申込みはこちら >> lojong2017.peatix.com

─────────────────★
◆執筆者プロフィール◆

 川畑のぶこ(かわばたのぶこ)
(サイモントン療法
 認定トレーナー/トレーニングディレクター)

 家族と沖永良部島の海をこよなく愛す
 サイコセラピスト

 座右の銘:Breathe & Smile ♪
★─────────────────
当協会メールマガジン(無料)掲載の記事をご紹介させていただきました。
読者の方向けの特典や先行のご案内などもさせていただいております。
これまでに配信いたしましたバックナンバーもご覧いただけます。
よろしければ、下記の協会ホームページよりご登録くださいませ。

ホーム

特 集

イベント情報

お知らせ